早朝のギリギリ出勤模様

早朝5時10分、出勤する妻を駅に送るために車を出す。

一年に一度、職場で早朝マラソンがあるとのことだから。

なんたる制度だ。

それに間に合う電車は5時20分発という。

送るのはいいのだが、私は本当は5時8分には出発したかった。

なぜなら、家から駅のロータリーまで車で5分かかる。信号にめいっぱいひっかかった場合は7分だ。

そこから、車を降りて駅の階段を登り、改札を抜けてホームに降りるまで、大人の足で3分。

つまり、信号にひっかかった場合を考慮すると、10分以上は欲しいところなのだ。

そうであるのに、家を出たのは5時10分。10分では全く余裕がない。

遅くなったのは100パーセント、妻のせいである。

「朝は車が少ないから」とか、のんびり支度。

信号での停止は車は関係ないというのに困ったものだ。

案の定、駅に着いたのは5時17分。通行量は少なかったが、大きな交差点の信号で停まったお陰でギリギリだ。

助手席から降りる妻。

「ありがとう、いってきます」

「うん、気をつけて」

いつもの挨拶をして、別れる。

やれやれ、しょうがないな。

一人、家に帰り、洗濯に取りかかる。

すると、スマホのメッセージ通知音が。

「ギリギリになって焦ったけど、乗れたよ!いつもいつもありがとう!」

やれやれ、しょうがないな。